26 生活の中で子ども同士の関係をコーディネートする

学齢に応じて必要な人間関係を考える

26 生活の中で子ども同士の関係をコーディネートする

学習の中で他の子どもと一緒に学ぶことが苦手な子には、生活の中での人間関係が希薄な場合が多い。一人ひとりのコミュニケーション能力の源を探って見ることは、長期的に子供を育てていくためには必要なことである。
 生活の中に上の図で示したような関係がある子とない子では、学習成果に大きな開きが見受けられることが多い。こうした関係を結ぶのが、教師でも、保護者でも、友達でも構わないのだが、こうした思考や認識を刺激する人の存在の有無を観察し、人間関係を作るサポートを行うのは担任の仕事だろう。