9 子どもの達成感や喜びを捉える

教室コミュニケーション能力は達成感とともに

9 子どもの達成感や喜びを捉える

学習者の言語能力の育成は、学習者の動機づけに繋がっており、相乗効果で学習への参加率が向上し、ひいては学力向上にもつながってくる。
 話し方やつながり方を身に付けさせることによって、学習者自身もみんなの前できちんと言えたという達成感や他の学習者に反応を返してもらえたという喜びを感じることができる。このような学習者の達成感や喜びに対して教師が積極的に取り上げたり関わったりすることによってさらに学習者自身の気持ちは盛り上がりを見せる。こうした局面を逃さないでより多くの学習者を言語活動の誘うことが重要である。