46  学習者の参加率を上げる授業づくり

言語活動設計の際の観点として

46  学習者の参加率を上げる授業づくり

学習者が授業に参加する入り口については、やはり学習課題が学習者に「落ちる」瞬間があるかどうかだと考える。多くの授業を見ていて、学習課題がよくわかっていない状態で学習活動に入っているクラスはその時点でもうすでに学習者の参加は期待できない。
 これと同じように、今日何を学ばせたいのか、そのためにどのような活動を組織しているのか、学習者同士をどのポイントでどのようにして交流させるのか、さらに最終的にはどのような理解が得られていればよしとするのか、など幾つかのポイントを意識して、授業を考えて行かなければならない。
 教材と向き合って授業を作っているだけでは学習者は動かない。