38 協働性の高い学習課題作り

相互作用の必然性を生み出す学習課題

38 協働性の高い学習課題作り

学習課題は言語活動の起点である。主体的に学習者が活動に取り組むための工夫とは別に、子ども同士のかかわり合いを生み出すための学習課題の工夫を施していく必要がある。
 上の図に示したように、みんなで力を出し合える、多様な役割が生み出せるなど、課題そのものに加えて、課題解決のプロセスにも主体性と協働性を保証する必要がある。