30 言語活動を支えるポイント

言語活動を効果的に授業に取り入れる

30 言語活動を支えるポイント

言語活動を取り入れた授業を考える際には、学習者の実際の活動を支えるための準備が求められる。これは授業を進めている最中に、「ああ、こうしておけばよかった」と思いがちなポイントでもある。
 「見える化」については、学習者が授業の中で説明したり、話し合いをしたりする際には絶対目で見て分かるものがある方がよい。説明しやすいし、話しあいやすい。それは実物なのか、板書なのか、プリントなのか、掲示なのか、いろいろな可能性はある。
 「協働性」については、説明や話し合いに参加するためには、自分の頭の中にある考えやひらめきを言葉にする、いわゆる「言語化」が重要な能力である。この言語化も、語彙力や文章表現力のようなものに支えられている面もあるが、隣近所でワイワイと話しているうちに言葉になってくることも多い。きっちりした話し合いとかではなく、ちょっとした協働的な場面を作り出すことで、より多くの子供達が自分の考えやひらめきを言葉にすることができる。