10 学習方法に関する理解の促進

学習の方法を言語化して示す

10 学習方法に関する理解の促進

毎日の学習に関わる「話し合い」「整理する」「考える」などの学習活動に対して、学習者自身が理解を深める事でそれぞれの学習活動が充実してくる。
 そのためには、教師がただ「話し合いなさい」とか「考えなさい」と指示するのではなく、具体的にゴールや方法を示しながら細分化していく必要がある。
 このような指示の細分化と同時に教室掲示などを利用して、知識の体系化を視覚的に図るとさらに効果が上がる。「しっかり考えなさい」といくらいってもどのように考えていいかわからないのだから、あまり効果はない。